販売促進?

 

 

≪商品増えてんのになぜ通販充実させないの?問題≫

 

 

 

 

たしかに、

出展できないぶん色数の充実を図るもの良い考えだ。

 

初めてモノを作る客を獲得することも出来るだろうし、

初めて聞く【ちりめん細工】に出会えるかもしれない。

 

ただ

通販にコミュニケーション必要ない。

客が何を作るのかも判らず、

注文を受け発送と云う単純作業。

 

商品新規掲載も

初期の作業だけ大変だが、そのあとは単純作業。

商品が増えると商品管理も増える。

 

一言で云うと

「めんどくさい。」

 

 

くわえて云うと

「週初めんどくさい。」

 

 

もっとザックリ云うと

「仕事したくねぇ~。」

 

である。

 

 

≪サービス品の思惑問題≫

 

まず最初にお詫びから。

 

【羽二重】ご注文の皆様におかれましては大変申し訳なく思っています。

 

なにかと云うと、

【羽二重】注文の客の7~8割の確率で【羽二重】よりも、

より薄い生地をサービス品にしたから。

 

「なにが問題?」

 

先程云ったように

通販ではお客とのコミュニケーションない。

相手が何を作るのかも判らず、

 

【羽二重】=【つまみ細工】って具合に属性を決めつけ、

 

これから初めて作るかもしれない客に、

【羽二重】よりもより難易度の高い素材をサービス品にした。

 

 

「それの何が問題?」

 

新規の客の心の折れる音が丹後の地まで聞こえてきそうだから。

 

 

 

「・・・・」

 

【羽二重】は全てで無いにしても、

ほぼ全て掲載してて

サービス品に困る。

 

 

「それなら注文促進の為に注文色以外をサービスにすれば?」

 

 

僕「めんどくさい。

さっきこの色切った、これも切った。」って考えるのがイヤ。

 

ほぼ全色掲載しているのだから機械に徹する。

 

 

その点で云うと

 

【一越】注文の客のほうが楽で、

同系色か、注文に合う色、新色、新生地、

または「前回サービス品、何にしたかなぁ(忘れてます)」ってのを

思考するのが楽しくて

 

「仕事したくねぇ~」を中和してくれている(週初め以外)。

 

 

 

 

【思惑】

 

 

 

 

 

サービス品に対しては、

「後から追加注文あればいいなぁ~」

って云う思惑しかありません。

 

当然です。

客に見てもらえる機会を失っているのだから。

そのために、

【新色】【新素材】を手に触れる機会を作らなければならない。

それが『絹あそび』の新しい商売様式。

 

 

 

ですので、

以前から云ってますように

サービス品に対して感謝もお礼も必要ないです。

 

 

作品に昇華してあげてください。

 

 

 

 

出展できないストレスを

【サービス】と云う形で憂さ晴らしをして楽しんでいるのだから。

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

「ところで、これが販売促進?」

 

僕「はい。多少でも促進になればと云う思いです。」

 

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

京丹後市でも

陽性が出たみたい。

 

先週の4連休に

多くの他府県ナンバーを見たし、

 

『絹あそび』さんは旅館に素材以外の商品を卸していて

売り場担当と話していてもお客多かったとの事。

 

 

僕が出展していなくても、

感染対策していても感染は身近に迫ってます。

 

***************************

 

お待たせしました。

 

今日商品を発送いたします。

 

(横向いた政治ですが、どす黒い詐欺師です・・・

あ、間違えた。

 

横向いた青磁ですが、実物は鮮やかな水色。)

 

 

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

通販ご注文ありがとうございます

 

 

『絹あそび』をご利用ありがとうございます。

 

皆さんの作品づくりのお手伝いができて

 

大変光栄に思います。

 

 

*********************

 

 

早速本題

 

最近通販のご注文が増えています。

 

そこで

G口T口トラベルの期間中に限り

通販でご注文くださいました皆様?にハギレをサービスで付けることにします。

 

理由は、

外出を極力避けて

トラブルに巻き込まれずに、

 

作品作りに勤しんでいただくため。

 

 

 

ハギレのサービスについての決め事。

①羽二重注文なら羽二重?一越なら一越?のハギレ。

②あくまでもサービス。大小かかわらずサービスと云う認識。

③ハギレに関してお客の方からの色の指定はナシで、それでも指定がある場合サービス期間終了。

 

 

以上。

 

では

良きGOTOトラベルを・・・

 

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

率直に申し上げて

 

自粛期間中からチョクチョク

 

来店の問い合わせがあり、

 

 

イベントも行けなくて、売り上げも落ちたこともあって、

「ありがとう。」と感謝したい気持ちもある。

 

 

 

だが、

 

率直に言って

 

 

《来てほしくない》

 

 

 

売上が落ちようとも、

イベント無くなろうとも、

商品増え続けて右往左往しようとも

『絹あそび』廃業に追い込まれようとも

 

別段問題ない。

 

 

 

 

 

いま怖いのは、

 

ぼくを含め周りが感染すること。

 

 

医療の充実している

都会で生活している人には理解できないだろうが、

 

検査数、

患者の受け入れをしてくれる医療設備、病床数の圧倒的な少なさ、

世間の狭さ。

 

など、

 

 

田舎での感染リスク計り知れない。

 

例えお客が来て数千円、数万円の売上があっても

例え何人、何10人のお客が来ても

健康が害されるようなことになれば

 

全てが無意味。

 

 

 

 

当然逆も然りで、

年内の出展予定も

終息を見せるまで自粛するつもり。

 

 

 

 

 

G0T0 もそうで、

 

2月以降売り上げが大幅に落ちこみ、

お店の維持も難しく先の見通しも難しいと思う。

 

だが、

いま目先のゼニ(売上)だけにこだわり

一月二月後のリスクを考えるならば、

 

 

僕個人として辞めてほしい。

 

 

 

 

しかも

その地域で感染爆発って事になれば

地域経済はおろか医療迄破綻をきたす。

 

まさにバイオハザード。

 

海外に旅行に出れば

 

国際問題になりかねないバイオテロで、

 

 

それを主導する政府はテロ国家認定されてもおかしくない。

 

まさにG0T0テロル。

 

 

 

 

想像してみて。

 

無症状、無自覚で観光地に

未知のウイルスを持ち込まれ

右往左往しているうちに人がパタパタ倒れるのを。

 

 

想像してみ。

 

身の周りの人々が苦しみバタバタと倒れていく光景を。

 

 

 

想像するだけでもこれだけ怖い事が

身の周りに迫っている事を。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

電話口で直接

「来ないで!!」って云えないので、

 

このブログを使って云っておくネ

 

「来るな!!絶対来るな!!」

 

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

 

 

憂鬱だ。

 

お叱りのお電話と、

明日お客が来店するというお電話。

 

お叱りのお電話は、

以前送らせていただいた色と今回送った色が全然違うと云うもの。

 

窯場が違えば多少とも色違いもでますが、

「全然違う!!」って云われてしまった。

 

 

前回の色合いが判らないから反論も出来ない。

 

 

「あしたお店に行きます。」ってお電話。

 

感染予防のために、

ウイルスを店に持ち込まないために

敢えて出展を控えているのに、

 

わざわざ来店をするという電話。

 

 

ゆううつだぁ

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

ハギレの処分方法(白生地)

 

いま一番食べたいもの

 

①にほんそば

②うな丼

③焼肉

 

 

いま体が求めている食べ物

①にほんそば

②うな丼

③TKG

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^

 

 

こうして切売り販売をしていると、

1m未満の半端な生地が在庫として残ってくる。

 

 

白生地となると厄介で時間を置くと焼けてくるので

新しい反物を下ろす。

 

そんな事を繰り返していくと

 

1mに満たないの半端な一越や二越など

手芸用で切売りしている物が貯まってくる。

 

その貯まった物を

一反の長さに繋ぎ合わせて染める。

 

 

 

今回染めたのは今までにないピンク系。

 

本来ならハギレ価格として出張先で販売をするのだが、

 

 

さてどーしましょ

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

新一越無地染

 

 

 

現在の新一越ちりめんの色無地。

 

現品限りですので通販での販売は致していません。

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

2020年前期(1~6月)総括

 

 

疫病により出展は中止や延期になったわけで、

 

1月から6月までの出展は僅かに2件のみ。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

1月【東京国際キルトフェスティバル】

2月【愛媛てづくり】

 

 

 

中止、キャンセルしたイベント。

3月【浜松】(キャンセル)

3月【福岡手づくり】(中止)

3月【京都】(中止)

4月【ホビーショー】(中止)

6月【名古屋手づくり】(中止)

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

一月の出展時、

【疫病】の話題でニュースになっていたことで、

不安もあり【使い捨てマスク】を大量に丹後から持っていった。

この時期には、東京でマスクを購入することも困難になっていて、

期間中ドラックストアーに立ち寄っても7枚入りのが

1~2点の在庫しかなく、

50枚入りのモノを見かけなかった。

 

イベントでは、

主催者発表の入場者数は例年とさほど変わってないように見えたが、

体感的に例年に比べて海外のお客さんも、

日本のお客さんも極端に減っているように思えた。

 

二月の愛媛県は、

お客さんも多いのか少ないのか初めてのイベントなので判らないが、

【疫病】の影響も大きく影響していると云える。

 

 

【浜松】に関しては自主的に出展キャンセル。

【福岡】【京都】【ホビーショー】【名古屋】は主催者からの中止発表。

 

 

 

十分に商品も揃っているのにもどかしい。

 

だが暗いこと云ってても始まらないので、

 

後期(7~12月)の出展予定を見ていこう。

 

 

7月【長野】(来年に延期)

9月【素材博】

 

・・・

・・・

・・・

 

以上!!

 

因みに来年一月の【国際キルト(東京)】は中止が決まりました。

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

 

県を跨いでの移動が可能になった。

 

これで他府県への出張販売も可能になり、

 

 

 

屋外出展で【ミツ】にならない浜松で、

出展案内も出さずヒッソリと出展する予定でいたのに

 

 

 

 

「年内の出張は控えてくれ!!」

って云う店主からの御達し。

 

 

 

 

 

出展をしてなくても、

 

 

毎月数十反の【白生地】織れ、

毎月10~20反単位で【無地染】【ボカシ染】染まり、

 

停めることのできない機場と染場の職人さん。

 

 

 

 

出展をしている時には、

ある程度商品の循環ができてたのに、

 

 

たまるばかりで不安しかない。

 

 

 

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地

いつになるか出張の準備

 

出張に出て無くても

商品は増える。

 

 

キビシイ状況でも

 

職人さんには最小限でも仕事をしてもらってて、

 

少なくなった色、

 

 

人気の色、

 

 

変わった染、

 

 

を補充中。

 

 

いつになったら出展できるのか。

 

 

 

上質な丹後ちりめん生地をお探しの方はバナーから橋本修治商店のHPにどうぞ!! 丹後ちりめん生地
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。